見晴らしの良い家
家の模型と図面

優しい素材の家

近年、人気が高い一戸建て住宅は、自然素材を使った住宅です。人気が高いことから、自然素材を扱うハウスメーカーや工務店も増えてきています。費用も高すぎないので、予算内で自然素材を使えます。

この記事の続きを読む

工事の足場

中古物件の賢い探し方

一戸建て住宅の中には、新築や中古があります。中でも最近人気なのは、中古の一戸建てです。中古でもキレイな良い物件は沢山あるので、探す際は直接不動産へ行くと良いでしょう。

この記事の続きを読む

緑の多い一戸建て

注文と分譲の違い

注文住宅には、理想の家を建てることが出来ると人気が高いです。その分費用がかかる場合もあります。しかし、分譲住宅なら立地場所によって値段は異なりますが、比較的安い費用で購入することが出来ます。

この記事の続きを読む

工事中の光景

土地探しの始め方

気に入った家を購入する際には、基本となる土地の情報もしっかり把握しておくことがポイントになります。スムーズな土地探しをするには、様々な物件の情報に注目してみると良いでしょう。

この記事の続きを読む

光熱費をゼロにする

様々な家のデザインを提供する会社を選択しましょう。北欧風からシンプルモダンまでしっかり対応してくれますよ。

茅ヶ崎で土地の売買を行なうなら頼れる不動産会社がありますよ。土地に関する相談がある場合は専門家に対応してもらいましょう。

夫婦と家

ゼロエネ住宅はソーラーパネルを利用して太陽光発電を行い、余った電気は電力会社に買い取ってもらうことで光熱費をタダにするという意味を持っています。 ただ季節によっても、居住する地域によっても、家の向きや屋根面積の大きさ、あるいは有効なソーラーパネルの受光面積によっても一定なものではありません。 とにかく目いっぱい有効利用することと、初期投資を回収する期間というものも考える必要があります。これがうまく行くとなると住宅ローンも場合によっては売電収入で支払って行くことも可能となります。年間の光熱費がタダになればゼロエネ住宅として成功の部類に入ります。それには省エネ生活を行うことと高断熱、高気密の工事も行うことが重要でありこれに近づけることにます。

ゼロエネ住宅とはソーラーハウスをイメージします。この場合の意味は時代も遡ってソーラーパネルというよりも太陽光を利用して屋根上で水を温水にして給湯や入浴に利用するという発想でした。黒い色の容器は太陽光を受けると高温にもなりこれを利用したものです。 一方で窓面から入る太陽光を熱として地下に埋め込んだ蓄熱槽に溜めておいて、夜間にこれをシーリングファンなどで攪拌して暖房として使うという方法がありました。当時はこれで暖房費がタダになるという発想をしていました。 住宅の作りとしても高断熱かつ高気密な構造が求められ、言葉が誕生したのもこのころでした。 現在では時代も変わり、ゼロエネ住宅はごく普通のように考えられています。 施工でもサッシのペアガラス化や二重サッシなどの方法で省エネが実現できるようになって来ています。さらには屋根や外壁を断熱塗料を使って塗装することでさらに省エネを実現できるようになって来ています。