注文と分譲の違い

緑の多い一戸建て

注文住宅にはいろいろな種類のものがあります。例えば、モダン住宅やデザイン住宅などです。これら注文住宅の特徴としては、自由設計です。もちろん法律の範囲内という限られた中での自由設計ですが、建築家や工務店と話し合いながら理想通りの住宅を造ることができるという意味でとても人気があります。 これに対して、分譲住宅は既に設計図が出来上がっていることから注文住宅ほどの面白みはないとされています。注文住宅はオーダーメイドという意味で昔から人気が高かったのです。 また、住宅設計から住宅が出来上がるまでを見ることができるため、手抜き工事が頻発していた時期でも注文住宅はありがたがられました。これにより一定の人気を維持したまま今に至ります。

分譲住宅にはメリットだけではなくメリットも存在します。分譲住宅のメリットは何と言っても価格が安いことです。全国の平均価格は3100万円と言われています。分譲住宅の場合は土地も含まれるため、土地の値段によって、つまり場所によって価格が変わってきますが、東京都の4400万円のかつてよりは安くなってきましたが、埼玉県などでも3000万円を切るほど価格が下落して買いやすくなっています。 しかも、金利が少なくローンを組みやすいことから分譲住宅の人気は注文住宅の人気を上回ってきたと言えます。 これに対して注文住宅は、平均価格が2000万円ほどになります。建物だけでこの価格ですので、土地も含めると分譲住宅を超えることが多いのです。